教育ローン申し込み方法は?

入学時に必要な資金を奨学金を利用します。
しかし、これを用立てるわけにはいかないことで、多くの家庭では「奨学金」と「教育ローン」を組み合わせて利用しています。
この「奨学金」と「教育ローン」についての特徴、違いをきちんと理解してください。
そうすることで返済金額を節約することが出来ます。
(笑顔)これは、つまり返済者について見ていきます。
そうすると、教育ローンの場合では保護者となります。
しかし、奨学金の場合は学生本人と言うことなります。
<申し込み時期について>教育ローンの場合は、必要な時にいつでも申し込みできます。
しかし、奨学金の場合は、申し込み時期が決められているとのことです。
<お金の借り方について>教育ローンの場合は、必要な金額を一括して振込してもらうことが出来ます。
しかし奨学金の場合は、毎月決められた金額が振込されるようになっています。
<利息について>教育ローンの場合は、借りた時点から発生しています。
それに対して、奨学金の場合は、在学中は無利子となります。
言い換えると、つまり奨学金の場合は、お金を借りているのに在学中は利息がかからないと言うことです。
また利息についても奨学金の利息と言うのは、教育ローンに比べてもかなり安いと言えます。
例えば教育ローンの利息についてですが、一番安いものでも2.
85%です。
それに対して、奨学金の利息は、0.
5%~1.
4%とかなり低くなっています。
(笑顔)~と言うことで、お得なのです。
教育ローンを借りる時は、必要最低限の金額を借りるようにした方が良いと言うことですね。
また、お得な繰り上げ返済についても、奨学金の場合は手数料が無料ですが、教育ローンの場合は手数料が発生します。
繰り上げ返済をする事で、利息分を軽減することが出来るので返済総額も減らせてお得ですよね。
(笑顔)