住宅ローン借り換えと手数料の問題とは?

住宅ローン借り換えは、借り換え先の金利が今よりも安ければ良いと安易に考えている人が多いですが、借り換え手続きの落とし穴として、住宅ローンの借り換えには手数料がかかるという問題があります。
この手数料は、借り換え先の金融機関ごとに異なっており、すべてが同額というわけではありません。
主な住宅ローン借り換え時に発生する手数料として、保証料、契約書貼り付け用の印紙代、繰り上げ返済手数料、抵当権設定費用など、借り換えの金額に応じた手数料がかかります。
借り換えた住宅ローン金額が多ければ多いほど手数料も高くなる仕組みです。
つまり、住宅ローンを金利の低いところに借り換えても、手数料のほうが高くなる場合も十分あり得ます。
この手数料は、銀行ごとに一部無料など優遇されている場合もありますから、住宅ローン借り換えを検討する場合には、手数料も視野に入れて金融機関探しをするようにしましょう。
住宅ローン借り換えランキング!金利と手数料一番お得は?【銀行比較!】