消費者金融は無担保でお金が借りられる?

通常、銀行などの貸金業者が融資を行うときには担保が必要になります。
金融における担保とは「債務履行を確実にするため、債務者から債権者に提供される事物」と定義されます。
随分難しい表現の言葉が並びましたが、簡単に言えばお金を借りる人が「借りたお金はちゃんとお返しします。
銀行は、この担保によって損失リスクを低くし、融資を行っているわけです。
それに対し、消費者金融の場合は担保をとらずに融資を行うのが一般的です。
と言うのも、消費者金融という存在そのものが「無担保、無保証で個人融資を行う金融業者」といった定義になっているからです。
消費者金融は土地などの担保がなくても融資を行いますが、担保なしであるということは、それだけ返済不能に陥ったときのリスクが高くなるわけです。
つまり、消費者金融の場合は「個人の信用」が担保代わりになっているのです。
また、無担保で融資を行うゆえに消費者金融は金利が高くなっているともいえます。
先述したように、返済不能な債務者が出たとき、損失を被るのは消費者金融業者です。
とはいえ、消費者金融の中には担保をとるスタイルの融資もあります。
これが消費者金融の不動産担保ローンと言われている融資です。