生命保険保険料が支払われない事も?

前回の続きですが、今回は、日本という国のかかえる保険事情についての紹介です。
これについて知ってもらいたいと思います。
生命保険をただ比較するだけではダメです。
こう言った大事な実情もぜひ捉えていただきたいですね。
それがポイントにもあります。
まず、今回は「投資運用」と「保険」について話しましょう。
アメリカなど海外に行って、私の友人が経験したことです。
「投資」についての話をすると「何故、日本人は投資をしないの?」、「お金は貯金するだけで増えないよ」、「投資するべきだ」というようなことをよく言います。
ですから、「投資は危険なもの」という俗念があります。
これは確かだと思われます。
日本人は、「貯蓄」が好きですよね。
投資にはあまり手を出しませんよね。
お金の使い道としては、投資ではなく「保険」にいきます。
しかし、保険金は、払われないことも多いですよね。
それでも日本人は、損していることに気づかないのです。
※「保険に入っていて良かった」と胸をなでおろします。
保険会社は、そういった「固定観念」を利用します。
それで、保険料で儲けているのです。
むしろ、死亡保障などにお金をかけるくらいなら、老後を良い環境で過ごすためにお金をかけた方がいいのではないかと思われます。
(笑顔)本当に生命保険が必要と言う人は、このブログを読み進めながら「生命保険の比較」をじっくりしてほしいと思います。
(笑顔)そこで、おそらく大半の人は、「保険に入る必要のない」と言う人が出てくるでしょう。
そう思われます。
※ 一生払うとなれば、一千万以上かかります。
そのお金を貯金することで、入院費も手術費も、その中から払うことが出来ます。
それでも、保険が必要ですか?その保険、本当に必要ですか?