民間の介護保険と公的介護保険の説明!

私達が介護保険料を支払っているのは公的な介護保険であります。
公的の介護保険サービスを利用する場合は、その際に9割が介護保険が負担してくれます。
そして残り1割を自己負担すると言う形になりますよね。
それでそのまま長期利用すると言うことが多いようですね。
また、公的な介護保険給付では、制限があるために充分なサービスを受けられないと言う人もいるみたいですね。
そこで、民間の介護保険を利用している人が多いと言うことです。
<公的と民間との違いについて>加入条件に公的では義務として40歳以上の人は必ず加入と言います。
しかし、民間は義務ではなくて任意と言うことです。
ですから、40歳未満の方でも加入することが出来ると言うことです。
※18歳からでも加入することが出来ると言うものもあるようですね。
(笑顔)<給付条件について>年齢、特定疾病などの一定の条件を持っている公的介護保険に対して言うと、各社の規定によって給付を受けることができる民間介護保険と言う感じです。
また、介護保険の給付を受けたあとは、公的介護保険についてその後も介護保険料を払い続けなくてはなりません。
それに対して、民間介護保険は、給付中は払わなくても良いと言う会社もあります。
(汗)そんなことで民間介護保険が必要であると言えます。
(笑顔)